MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

龍ケ崎市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報


ゼロエネルギー住宅 2040年空家40% 今賃貸に住んでいる28歳です。 1つ目の質問 今、国が推奨しているゼロエネルギー住宅。高断熱高気密住宅で電気代が安くつくという話を聞きました。 ただそれなりの設備になるので1つ1つが良い物を選ぶことになる。 ゼロエネルギー住宅を建てても、10年、20年後には修繕が普通の住宅と同等の費用がかかるとなると、 メリットは月の電気代と、快適さ?(住んでいないので分かりませんが) 高断熱高気密住宅は、修繕費や維持費もあまりかからないのでしょうか? 良い物を使っている分、修繕費は高くなりますか? リクシルの高断熱高気密住宅は坪単価60万(30坪として1,800万) その仕様にしなければ坪40万(30坪として1,200万)600万の差があります。
建物建設の際の隣地境界との距離について 現在第1種低層住居専用地域にクリニックを建設予定で、某プレハブハウスメーカーに設計と見積もりを依頼しています。 隣地との境界から建築する建物の外壁までの距離を民法上では50cmとれば良いと思っていたのですが、プレハブハウスメーカーには「クリニックは住宅ではなく商業施設とみなされるので消防法により間隔は1m以上必要」と言われています。その際はそれで納得したのですが、近隣の比較的新しく住居と併設していない医院や歯科医院、塾、不動産屋、アパートなどの商業施設を見ると隣地境界との距離が約50cmの間隔で建てられています。1mも空いている物件はほとんど見ません。 建物は平屋で床面積は180?弱です。本当のところはどうなんでしょうか?
坪単価60万円の平屋住宅は高いですか?それともお安いほうでしょうか? (システムキッチンやバストイレ、洗面台の代金は込みです。) ご存知の方 いらっしゃいましたらお願い致します。